女性

子どもの成長に携わる

勉強

3~5歳の子どもの成長を支える幼稚園教諭は、2年制や4年制の大学で勉強することで免許を取得出来ます。短大の場合は2年間で学べるので、早く現場で働きたい人には最適です。

Read More...

仕事内容と資格

学習

働くスタッフや環境の管理や改善を行なうのが衛生管理者の仕事で、働くには資格が必要となります。1種と2種がありますが通信講座でも学べるので、働きながら新たなスキルアップを目指す人にも最適です。

Read More...

高いスキルを取得

保育士

保育士と幼稚園の先生は異なり、資格も2つのタイプがあります。保育士の場合は0~5歳の乳幼児の成長を支えるのが仕事で、幼稚園の場合は3~5歳の幼児のみとなっています。また保育士だと保育園だけでなく児童養護施設や障害児施設、乳児院や学童保育でも働くことが可能なのです。しかし幼稚園教諭だと幼稚園と学童保育だけと限られているので、働ける場所が限られてしまいます。ですが専門学校や短期大学、4年制大学では2つ同時に資格取得出来るようカリキュラムを整えているので、卒業するまでに2つのスキルを獲得出来るのです。また短期大学の場合は4年制大学への編入も可能なので、幼稚園免許をさらにレベルアップさせることが出来ます。

子どもの成長に携わる仕事である保育士は、女性の憧れる仕事となっています。今も昔も人気のため、大学や専門学校の数も一昔前に比べると増えているのです。また大学や専門学校と聞くと、高校卒業を控えた3年生をイメージする人が多いでしょう。しかし社会人や他のことを学んでいる人も入学することは可能なのです。実際に社会に出て働いてから「保育士になりたい」という人のためのサポートも用意されているので、不便することなく保育士に向けて勉強出来るのです。サポートは学校によって異なりますが、入学金の免除や学内保育園の設置、求人の数など様々です。入学する人も負担を少しでも軽くするための取り組みなので、安心して入学することが出来るのです。保育士になれば一生涯働けるので、安定した資格が欲しい人にも最適なのです。

効率良く学べる

保育士

大学でも保育士の資格を取得することができ、短大の場合だと2年の短さで現場デビューが叶うのです。オープンキャンパスでは模擬授業の体験や入試のエントリーシートがもらえるので、気になる学校の下調べとして参加してみると良いでしょう。

Read More...